道の駅駅長会

駅長会の目的

「道の駅」駅長会は「道の駅」がお互いに協力し合うことにより、「道の駅」単独では対応できない問題の解決や、全体としての「道の駅」の向上を目指すために、連絡会会長の諮問機関として、平成28年12月6日に設立されました。 この駅長会では、九州・沖縄の8県に県駅長会を設置し、サービス&マナーアップ、特産品、販売拡大、情報提供、教育・研修の5つのテーマを中心に、各県駅長会が毎年新たな取組を検討することにより、道の駅全体の向上を目指すものです。

平成30年度駅長会のメンバー構成

会長 藤 雅仁(全体代表 鹿島)
副会長 下城 卓也(全体代表 阿蘇)
理 事 山本 久義
理 事 大江 英夫
県代表 河津 純治(福岡県 道の駅原鶴)
草場 栄二郎(佐賀県 道の駅山内)
山名 英樹(長崎県 道の駅さいかい)
佐々木 嘉雄(熊本県 道の駅みなまた)
三浦 俊荘(大分県 道の駅きよかわ)
佐藤 利治(宮崎県 道の駅高千穂)
秋元 達矢(鹿児島県 道の駅錦江にしきの里)
大城 博克(沖縄県 道の駅許田)
全体代表 山口 克己(道の駅うすい)
岡崎 省三(道の駅彼杵の荘)
田村 亮(道の駅宇目)
監 事 武藤 由香(道の駅みやま)