道の駅駅長会

向上会議の目的

「道の駅」駅長会は「道の駅」がお互いに協力し合うことにより、「道の駅」単独では対応できない問題の解決や、全体としての「道の駅」の向上を目指すために、連絡会会長の諮問機関として、平成28年12月6日に設立されました。 この向上会議では、九州・沖縄の8県に県駅長会を設置し、サービス&マナーアップ、特産品、販売拡大、情報提供、教育・研修の5つのテーマを中心に、各県駅長会が毎年新たな取組を検討することにより、道の駅全体の向上を目指すものです。

平成28年度駅長会のメンバー構成

会長 藤 雅仁(「道の駅」鹿島)
副会長 下城 卓也(「道の駅」阿蘇)
評議員 福岡県駅長会代表 真鍋 直嗣(「道の駅」いとだ)

佐賀県駅長会代表 山口 良文(「道の駅」山内)
長崎県駅長会代表 塚本 慶彦(「道の駅」昆虫の里たびら)
熊本県駅長会代表 下城 卓也(「道の駅」阿蘇)
大分県駅長会代表 奈良岡 徹(「道の駅」やよい)
宮崎県駅長会代表 田中 泉稿(「道の駅」田野)
鹿児島県駅長会代表 栫 オサム(「道の駅」黒之瀬戸だんだん市場)
沖縄県駅長会代表 大城 博克 (「道の駅」許田)
全体       山口 克己(「道の駅」うすい)
全体       岡崎 省三(「道の駅」彼杵の荘)
全体       田村 亮 (「道の駅」宇目)
常務評議員    山本 久義
常務評議員    大江 英夫


平成27年度の各県分科会の取り組み

平成27年6月9日の第1回(通算第24回)道の駅向上会議において、以下のとおり各県の取り組みが提出されました。

 

平成27年度の九州・沖縄「道の駅」向上会議 各県分科会の取り組み
主な検討・実施テーマ
福岡県 ・道の駅ネットワークの取組みへ積極的に参加
・情報の共有化を図り、レベル向上、均一化をめ目指す
佐賀県

・従業員研修(7月)
・佐賀県道の駅フェスタ
・各駅プライベート商品の一品開発
・佐賀県版産学連携
・「食の検定」資格取得

長崎県

・県内道の駅合同物産展(11月)
・駅長・実務者視察研修(11月)
・道の駅従業員研修(2月)
・「食の検定」資格取得

熊本県

・熊本道の駅スタンプラリーの実施
・「食の検定」資格取得

大分県

・道の駅紹介番組の制作・放映(ケーブルテレビ)
・知りたし・買いたし・売りたしネット
・「食の検定」資格取得

宮崎県 ・旬のみやざき「道の駅」大集合(11月)
・商品開発
・道の駅カフェ
・「食の検定」資格取得
鹿児島県

・鹿児島県道の駅マップの作成と配布
・接客マナー講習会の独自開催
・「食の検定」資格取得

沖縄県 ・沖縄「道の駅」スタンプラリー
・8駅合同物産展の開催
・食の検定資格取得